資産価値を維持しライフステージにあわせよう

不動産住宅市場では、社会情勢によりさまざまな変化が起こっています。
購入や賃貸ともに需給ギャップが発生している時代だと言えるでしょう。
そのような中で、新築重視で住宅ストックが膨大にある日本では、中古不動産市場を活性化させようとさまざまな動きがみられています。
比較的、若い世代にもリノベーションにより目を向け始められた点もありますが、通常のマイホーム購入派からも注目を浴びるようになってきました。

一般に新築住宅は10年で急激に建物の価値が下がり、20年でほぼ土地の価値のみになると言われています。
しかし、言い方を変えれば10年目以降は下落が緩やかになり、20年目以降は価格変動はきわめて小さくなると言い換えることができます。
新築の場合は、将来的な住み替えを考えたときに、売却しても負債が残るようであれば難しくなってきます。

築10年、20年の中古一戸建てであれば、価格変動が緩やかなので、好みに合ったリフォームをしたうえで、ライフステージにあわせて住み替えが可能です。
この住み替えを前提に物件選びをするのであればまず、基本構造がしっかりしていて、メンテナンスが適切に行われていた中古住宅を選ぶ必要があります。

Just another WordPress site